会社情報Company

「地球環境」に貢献する二次電池正極材料メーカー

代表取締役 社長執行役員 横川 和史

代表取締役 社長執行役員
横川 和史

代表取締役 社長執行役員の横川和史でございます。 今後、大幅な伸張が予測されている二次電池市場において、継続的に成長を続け、安定した収益が上げられる企業を目指して全力を尽くしてまいる所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

田中化学研究所は、二次電池正極材料に特化した単一セグメントの会社で、ニッケル水素電池はもとより、特にリチウムイオン電池の正極材料の開発、製造に注力しています。
二次電池はモバイル機器など広範な家電製品やハイブリット自動車などの車載向けに使用されておりますが、今後は世界的な自動車の電動化のトレンドの中、車載用途で急速な市場拡大が予想されています。
こうした状況に対応するには、「お客さまが求める製品を一つ一つカスタムメイドで提供する」という従来から積み重ねてきたスタイルを通じて
より高性能の二次電池を開発していくということと同時にその製品を市場要求に応じた数量、価格でタイムリーに提供していくことが必要となります。
これらを達成していくことで市場が爆発的に拡大する"第二の成長期"の好機を最大限に生かして業容を広げていくことができると考えております。        

また、今後、急速な成長が見込まれる車載分野では、搭載する二次電池の不具合が車そのものの性能を毀損し、安全性にも直結する問題となっていくことになります。
そのため、こうした二次電池には、従来以上に厳しい品質管理要素が求められ、「分析力」と「解析力」の高度化をはかっていくことも必須の課題となっていきます。

田中化学研究所には長年培ってきた製品に対する信用力があります。さらに粒子形状のコントロール、さまざまな元素を原子レベルで共沈させられる等の独自性のある技術があります。
こうした田中化学研究所がもっている力をベースとして、より高性能な二次電池の開発、市場伸張に対応した生産能力の拡大、合理的な生産方法の追求、 製品に対する分析、解析力の向上等について多面的に親会社である住友化学との連携も深めつつ、市場の環境変化にスピーディに対応できる企業として成長を目指してまいります。
これからも皆さまの変わらぬご理解、ご支援をよろしくお願い申し上げます。        

代表取締役 社長執行役員
   横川 和史        

社訓・経営理念

社訓