IR情報Finance

ディスクロージャーポリシー

基本方針

当社は、金融商品取引法及び東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行会社による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)を遵守し、株主、投資家の皆様に対し、投資判断に重要な影響を与える事項について、適時、公平な情報開示を行うほか、当社を理解していただく上で有用と判断される情報は積極的に開示してまいります。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、適時開示規則に従い適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開し、報道機関(記者クラブ)への資料配布を行います。また、TDnetにより公開した情報につきましては、当社ホームページでも速やかに公開します。なお、当社ホームページへの掲載はシステムの都合上、TDnetにおける公開時期より遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法により出来るだけ正確かつ公平に開示を行います。

将来の見通しに関して

当社は、業績予想並びに将来の予測につきましては、可能な限り予測精度を高めることに努力しますが、これらの情報につきましては、その時点で入手可能な情報に基づいた当社の仮定および判断を前提とする予想であり、その内容を保証するものではありません。また、証券アナリストや情報誌等の第三者による業績予想については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社は一切言及いたしません。

沈黙期間について

当社では、決算情報の漏洩を未然に防ぎ、公平性を確保するため、各決算月末日(四半期を含む)から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間内は、決算に関するコメント・質問への一切の回答を控えさせていただきますのでご了承ください。但し、この期間中に判明した業績予想と既発表の業績予想の差異が適時開示に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、上記手続きにより業績予想修正として情報開示を行います。