会社情報Company

「地球環境」に貢献する二次電池正極材料メーカー

代表取締役 社長執行役員 茂苅 雅宏

代表取締役 社長執行役員
茂苅 雅宏

代表取締役 社長執行役員の茂苅雅宏でございます。 大きな発展が期待されている二次電池市場において、永続的に成長を続けられる企業を目指して全力を尽くしてまいる所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。

カスタムメイドで開発・製造

田中化学研究所のコアテクノロジーは、二次電池正極材料であり、ニッケル水素電池はもとより、特にリチウムイオン電池の正極材料の製造に注力しています。 現在、スマートフォンやハイブリッド自動車、電気自動車など二次電池を使う製品の市場は拡大の一途をたどっており、今後も需要が高まることが予想されます。 そのような状況に対応するには、「お客さまが求める製品を、お客さまと共に、一つ一つカスタムメイドで提供する」という、 これまで当社が積み重ねてきた独自の開発・製造スタイルをさらに突き詰めていくことが必須であると考えます。

好機を生かして業容拡大へ

設立以来、研究開発に取り組んできた電池材料事業は、携帯電話やノートパソコン、デジタルカメラなどの普及によって大きな成長を遂げました。 そして、今、「環境に配慮した社会」をキーワードに、ハイブリッド自動車、電気自動車といった環境対応車が急速に普及することにより、 市場が爆発的に拡大する"第二の成長期"を迎えています。この好機を最大限に生かして業容を広げていくことは、私達に課せられた命題であると考えます。

製品の精度を高めていく

これからの成長が見込まれる環境対応車の分野は、わずかな不具合が重大な事故につながります。そのため、二次電池に求められるのは、絶対的な"安全性"です。 安全性の向上には、徹底した「分析」と「解析」が欠かせません。そこで、親会社である住友化学の研究部門とさらに連携を深め、これからも製品の精度を高めることに力を注いでいきます。

「対応力」「技術力」「信用力」を軸に

私達には、多様化するお客さまのニーズに的確に応える「対応力」、他社の追随を許さない「技術力」、 そして、製品に対する長年の「信用力」があります。中でも、粒子の形状をコントロールしたり、さまざまな元素を原子レベルで共沈させたりする「技術力」は、 未来へ成長する原動力となっています。この三つの力を軸に、これからもライフサイクルにおける環境負荷の低減につながる製品の開発に取り組んでまいります。 変革の時代であればこそ、よりスピーディーに、よりクオリティーの高い製品をお客さまに提供し、企業としての成長を目指してまいります。 これからも皆さまの変わらぬご理解、ご支援をお願い申し上げます。

社訓・経営理念

社訓